FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外短期留学記 2013.9.6 & 7

5日の夜に俺のパソコンがお亡くなりになりました……。

そんな気分悪い中、ついに帰国の時がやってきている。振り返ればよみがえる緑の地ry
まぁ確かに緑豊かな場所で学んだが、まぁ5日の件を見れば地獄といえば地獄。後は人間関係


しかし日本に帰れるという喜びと同時に、ここで知り合った方々ともお別れだと思うと、少し寂しい。おそらく一足先に行ってしまった熊本の大学生達も同じことを思っていると思う。
俺はあんまり絡んでなかったし、名前も知らないが、年は違えど同じ大学生同士このオレゴンで学んできたのは間違いないはずなので、やはり寂しい。


これを書いてる時点では6日、帰国は7日、日本に着くのが8日。長いようで短い飛行機の旅が再び待っているのだ。

だが、日本に帰っても何となく素直に喜べる気がしない。パソコンが壊れたのなら修理か買いなおせばいい(金ないけど)、だがこのオレゴンで撮ってきた写真、それが全てパーになってしまうというのが辛い。

そう思えばこの海外短期留学記を書いていったのはある意味正解だったのかもしれない。やはりジンクスは健在だった。


何はともあれこうして荷づくりもして、23kg以下になるように調整して、いよいよ明日は帰国である。





さらば、アメリカ。そして、ただいま、日本
スポンサーサイト

海外短期留学記 2013.9.2

9月2日。短期留学最後のアクティビティである。

聞いた話では今日は買い物行くらしい。聞いたのはそれだけだよ。
それより(おそらくこれまでの)バス代12ドルが消えたというのが一番痛い。貴重な12ドルが…

さて、一時間半のバス移動の末辿り着いたのがWOODBURN COMPANY STORESというアウトレットショッピング、あ、看板撮るの忘れた。

WOODBURNに着いたが

何処を見ても服・服・服。数店飯屋があるくらいなものである。
VANS
LOFT

適当に店舗を



知らない店が多いなぁと思っていたらディズニーアウトレットにNike、PUMA、adidas等と意外と知ってる店も何店か
PUMA
asics
Nike

しかし何処も彼処もセールを謳っておきながら40%OFFだの30%OFFしておきながら45ドルだの80ドルだの(それでも日本で買うよりやや安いのもあったらしいが)、残り100ドルと少しの俺には少々辛いものだった。いや、100ドル“も”あるが。まず服に興味が無かったのと、趣味に当てたかったというのが大きい。

余った時間どうしようかと考えていたところ、たまたま友人Sに会い、お土産に菓子を買ったという話を聞き、また試食もやっていたと聞いたので腹も減っていたし、試食だけでも貰いに行こうと大まかな位置を手掛かりにお菓子屋Harry&Davidへ向かう事に。
Harry&David

ここでお土産を買う

この店はゼリーやらチョコやらスナック菓子(と言っていいのかな)、はてまたコーヒーまで売っている店だった。店内でいくつか試食させていただきました(試食で置いてあったゼリーがまさかの香辛料だった。辛いのなんの)。

一応お土産は親の分だけは買っていたが、たまたま店内であった友人Oが友人らに土産買うと言っていたのでせっかくだしと俺も身内と祖母と家族、部活の分のお菓子を買っておく事に。


気付けば(この時点では)残り55ドル。意外と買いすぎた。しかし40ドルほど残ればそれでいい。おそらくカップ麺だけで過ごせばこの先生きのこれるはず。



今日でバスに乗ってのお出かけは終わり。何もなければ次の更新は帰国前日になりそうだ

海外短期留学記 2013.9.1

9月に入る。8月の半分をここで過ごしたことになる。しかし、良い経験になったかもしれない。就活で使えるかどうかは別として。

今日もまた遠出へ出かける事に。スケジュール表ではオレゴンコーストと、そして皆の話では海行くと。相変わらずの本格的☆情報不足のままスクールバスに乗り込む。バンじゃないか…。あそこにカメラの入れ物がある気がしたんだが



最近気づいたが、こういう道でもガードレールが無い

今回はいつもとは違う道を通り、山を越え海辺に出、着いた先がOSUの海洋センター。山超えた先にOSUの関連施設とは…。どんだけ規模デカいんだこの大学は…。

看板。ちゃんとOSUと書かれている
小さな博物館みたいなものだったよ

友人の話を聞いて思い出したが、東日本大震災で流された瓦礫などがアメリカの方にも流れ着いてきたらしく、この施設ではそれらの瓦礫を回収、付着していた貝などを始めとした様々な生物がもたらす危険について研究しているらしく、流れついた瓦礫やゴミよりもそちらの方が危険視されている様子。瓦礫やごみの件はまた違う研究機関が担当すると思うが。
やはり同じ魚介類でも日本とアメリカとでは全く生態系が違うため、海外の生物が違う国に流れ着き、それまであった生態系を崩してしまう可能性もあるようだ。良い例がブラックバスか。

流石に研究対象を数多く公開する事はできないが、施設の外に日本から流されてきたらしい瓦礫の一部が置かれていた。

流れ着いた瓦礫の一部。どうも橋の基礎の部分らしい

流れ着いた当時はこんなに汚かったという事なのだろうか


よく見ると生物が削りとられているのがわかる。
基礎に付着していたと思われる生物の数々(跡)
拡大


その瓦礫に追悼の言葉が。
瓦礫に取り付けられていたもの




海洋センターということで施設の中へ入れさせてもらう事に。
VISITOR CENTER


VISITOR CENTERと書いてあるだけあって、中は海水に棲む生物が幾つか展示されていた。

イソギンチャク。明るい緑

ヒトデ。俺の知ってるものよりでかい

タコ


これは何ぞや?ウニではなさそうだが


そういえばこの施設、津波の研究もしているらしく、それらを再現する装置をいくつか見受けられた。
このレゴ、スッカスカですぐ抜けるんだが…
津波の再現をするようだが、肝心の操作装置見忘れた…





海の中にあった石、ではないと思うが。映像からして深海か?


シャチの頭蓋骨か

シャチの死骸。おそらくこれの骨を抜き取ったのだろう

続きを読む»

海外短期留学記 2013.8.31

気付けば8月も終わりの時を迎えようとしていた(日本では既に9月だが)。

予定では今日はフットボールの試合があると言われている(後々知ったが練習試合)。
どこもかしこもOSUとプリントされたTシャツを着ている人で溢れている。

当初俺は赤い服来てその上に黒い上衣羽織ればいいかと思っていたが、友人に促されて渋々BEAVER STOREへ服を買いに行くことに。
親への土産として買っといた
コップ

どうせならと親の分も買っておく。土産だ。他の面子用は多分、買えない。

もちろん自分の分のも買ってきましたよ
だらしなく着こなしてるのが俺


さて、二時に集合、スタジアムへ。チケットは27日に購入済み。
ついに来たスタジアム


チケットを見せて中に入るとスタンプを押される。何の事やらさっぱりだったので差し出した腕に押された。
OSUのエンブレムであるBEAVERが


やはりスタジアムだけあってでかい。というか広い。当たり前だが

内部。エスカレータなんかあった

さて、肝心な座席だが




こんなに近くで見られるとは!


こんなに手前である。
これボール飛んでこねぇか?と心配になったが、ぶっちゃけ杞憂だった。左右側の座席にしかボール飛ばないからね。しょうがないね



準備運動
一旦退場する選手たち

試合開始前、チアリーダーらのパフォーマンスと行進曲(多分)、そして応援歌が流れる。
数人バック転で登場
行進曲か

前日に歌詞貰ったのだが、生憎持ってくるのを忘れたため「O・S・U」の部分だけ俺達は歌った。というかわかる部分だけって言った方がよかったかな

そしてここで我ら(?)がマスコットキャラ、ビーバー現る(名前は知らん)
撮るタイミング、誤る

いかん、後姿が撮れてしまった

もうビーバー君でいいかな

よし撮れた。満足。流石にド○ラみたいなパフォーマンスはしてくれなかった


パフォーマンス終了後、試合が始まる。対戦相手はイーグルズ。
ビーバー対ワシの対決である。

試合は1クォーター15分、4セットで行われる(中休憩は20分)。ゲームのルールは友人から教えてもらったが、どちらかというとwikiとか動画とか観た方が早い。


このぶつかり合い

スタート前
いつ撮った奴だったか忘れてしまった

BEAVERSがFineプレイを行う度、音楽が流れ始め終わると同時にリズム良く皆叫んでいた。
Ough!!


ルールを友人から聞き、わかってきた後半、途中退室や買い物等で観客が少なくなったため前半よりやや盛り上がりがなくなってきた頃、ようやく試合が本格的に楽しく感じるようになってきた。
ディフェンスとオフェンスの熾烈な戦い

普段スポーツをやらなければ興味すらなかった俺だが、今回ばかしはホントに感動を覚えた。
タッチダウンする瞬間を映像から

ルール分かってくると歓声と、これを見て感動する


BEAVERSがタッチダウンを決める度旗を掲げ走り出す選手
これは観客だけでなく歓声を浴びながら走る選手も嬉しい事だろう


試合は最初は何点かリードを取られ苦しい戦いが予想されていたが、後半は巻き返し、終盤はもはや接線とも言うべき状態になっていた。
残り時間1分を切った時にEAGLESに逆転を許してしまったBEAVERSの最後の18秒で見せたロングパス戦法には感動した、しかし最後の賭けとして繰り出したキックで惜しくもゴールポストに届かず、46対49でBEAVERS惜敗。これで入っていれば同点だったそうだ。


しかし今回の試合、これが練習試合だというのには驚いた。そして選手も、皆俺と同じ大学生なのだ。

なのにこの観客の多さ、熱狂的なファンの存在。日本ではプロ選手ならまだしも、一般学生に対してこれほどまでに歓声と罵声を浴びせることは無かったろう。そこに驚いている。



OREGON STATE FOOT BALL
エンブレムのBEAVER。意外とつぶらな目をしている

続きを読む»

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カウンター
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

MSX2

Author:MSX2

カテゴリ
過去記事

2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 08月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【4件】
2016年 02月 【1件】
2015年 12月 【3件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【3件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【4件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【4件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【7件】

リンク
MSXの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。